なぜ宮崎駿はオタクを批判するのか

荻原真 著

なぜパズーはハトを飼っていたのか。なぜムスカは手帳に頼るのか。なぜソフィーは帽子屋なのか。なぜサリマンは温室のなかにいるのか-宮崎アニメーションに見られる対比、対立の論理をあざやかに読み解き、アシタカがサンに投げかけた言葉「共に生きよう」の意味の広がりを展望する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 四十秒でパズーは何のしたくをしたのか
  • 冷たい水と温かい水-キキの場合
  • 冷たい字と温かい字-ルパンの場合
  • 冷たい伝承と温かい伝承-ムスカとシータの場合
  • おとなによって引き離された一人と一匹
  • 共生-「共」に「生」きること
  • ナウシカと"共生"
  • 機械との共生
  • 死者との共生
  • 共生と"共食"
  • 共生と"共鳴する身体"
  • "異なるもの"の立場に身を置いてみること
  • 開かれていること
  • 傷つくのを恐れないこと
  • ゲームを捨てよ、山や海に行こう

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 なぜ宮崎駿はオタクを批判するのか
著作者等 荻原 真
書名ヨミ ナゼ ミヤザキ ハヤオ ワ オタク オ ヒハンスルノカ
書名別名 Naze miyazaki hayao wa otaku o hihansurunoka
出版元 国書刊行会
刊行年月 2011.4
ページ数 194p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-336-05359-6
NCID BB05563919
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21943798
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想