東アジアにおける後発近代化と社会政策 : 韓国と台湾の医療保険政策

李蓮花 著

近年、東アジア地域の工業化や少子高齢化とともに、社会政策への関心が高まっている。東アジアといえば「進んだ経済、遅れた福祉」というイメージが強いが、1980年代半ば以降、社会政策の領域においても急激な変化を遂げてきた。本書では、韓国と台湾の医療保険政策を事例に、後発近代化と民主化が東アジアの社会政策にもたらした特徴を明らかにし、日本を含む東アジア社会政策論の可能性を展望する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 社会科学における東アジア社会政策の「登場」
  • 第1章 東アジア社会政策研究-その源流と現在の到達点
  • 第2章 権威主義、経済開発と医療保険制度の導入
  • 第3章 民主化のなかの皆保険化
  • 第4章 後発国における工業化、民主化と社会政策
  • 終章 東アジア社会政策研究の新たな段階へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東アジアにおける後発近代化と社会政策 : 韓国と台湾の医療保険政策
著作者等 李 蓮花
書名ヨミ ヒガシアジア ニ オケル コウハツ キンダイカ ト シャカイ セイサク : カンコク ト タイワン ノ イリョウ ホケン セイサク
書名別名 Higashiajia ni okeru kohatsu kindaika to shakai seisaku
シリーズ名 現代社会政策のフロンティア 2
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2011.4
ページ数 310p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-623-05796-2
NCID BB05533441
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21930543
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想