小野小町

小野小町 作 ; 大塚英子 著

小野小町。平安初期の六歌仙にただ一人選ばれた女性。業平とともに色好みとして名を馳せ、後人による小町歌が加わり、美人落魄伝説の主人公としてその名が各地に伝播した。生没年も出自も定かではなく、小町が残した歌で確かなのは『古今集』の十八首だけだが、その歌から九世紀中葉の宮廷と文化人の間で新しい歌が形成されていく時流の中心に生きた小町像が浮かび上がる。唐代文学と新仏教の波を受けつつ仮名文字が生み出される渦中にあって、恋歌を詠い続けることで王朝女流文学の先駆的存在となった。「百人一首」で有名な「花の色は移りにけりな」の歌は、その実像と虚像の架け橋である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 思ひつつぬればや人の
  • うたた寝に恋しき人を
  • いとせめて恋しき時は
  • うつつにはさもこそあらめ
  • かぎりなき思ひのまゝに
  • 夢路には足もやすめず
  • 秋の夜も名のみなりけり
  • あはれてふことこそうたて
  • 花の色はうつりにけりな
  • 秋風にあふたのみこそ〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 小野小町
著作者等 大塚 英子
小野 小町
書名ヨミ オノ ノ コマチ
書名別名 Ono no Komachi
シリーズ名 コレクション日本歌人選 003
出版元 笠間書院
刊行年月 2011.2
ページ数 120p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-305-70603-4
NCID BB05526195
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21911601
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想