摂食障害

スティーヴン・W.トイズ, ジャネット・ポリヴィ, フィリッパ・ヘイ 著 ; 切池信夫 監訳

摂食障害の病態は多様であり、各々の病態に合わせた治療が必要とされる。本書では、神経性食思不振症(AN)、神経性過食症(BN)、特定不能の摂食障害(EDNOS)の疫学、診断、アセスメント、また、発症とその維持についての理論的モデルを解説し、臨床場面での認知行動療法を中心としたエビデンスに基づく治療法を提示する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 解説
  • 2 摂食障害の理論とモデル
  • 3 診断と治療の適応
  • 4 治療
  • 5 症例のスケッチ
  • 6 参考図書
  • 7 文献
  • 8 付録:ツールと資料

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 摂食障害
著作者等 Hay, Phillipa
Polivy, Janet
Touyz, S. W.
Touyz, Stephen W
切池 信夫
Touyz Stephen W.
ヘイ フィリッパ
ポリヴィ ジャネット
丹野 義彦
久保木 富房
日下 博登
貝谷 久宣
トイズ スティーヴン・W.
書名ヨミ セッショク ショウガイ
書名別名 Eating Disorders
シリーズ名 エビデンス・ベイスト心理療法シリーズ 9
出版元 金剛
刊行年月 2011.3
ページ数 120p
大きさ 26cm
ISBN 978-4-7724-1309-1
NCID BB05525625
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21923752
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想