地方政府の民主主義 : 財政資源の制約と地方政府の政策選択

砂原庸介 著

首長と地方議会からなる二元代表制の下で地方政府の民主主義は、どのように機能しているか。予算配分、公共事業の見直し、新規課税の導入などの検討を通し地方政府の中で繰り広げられる首長と地方議会の政治的競争を分析する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 本書の目的と課題
  • 第1章 1990年代以降の地方政治
  • 第2章 本書の理論的枠組み
  • 第3章 財政データによる政策選択の検証-「党派性モデル」から「相互作用モデル」へ
  • 第4章 事業廃止の政策選択-ダム事業廃止の分析
  • 第5章 巨大事業の継続と見直しに見る政策選択-臨海副都心開発の事例分析
  • 第6章 新税導入の政策選択-産業廃棄物税と森林税の分析
  • 終章 結論と含意

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 地方政府の民主主義 : 財政資源の制約と地方政府の政策選択
著作者等 砂原 庸介
書名ヨミ チホウ セイフ ノ ミンシュ シュギ : ザイセイ シゲン ノ セイヤク ト チホウ セイフ ノ セイサク センタク
書名別名 Democracy in Japanese Local Governments

Chiho seifu no minshu shugi
出版元 有斐閣
刊行年月 2011.4
ページ数 230p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-641-04990-1
NCID BB05525545
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21928486
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想