正義の哲学

田島正樹 著

なぜ、我々の政治的構想力はここまで衰退したのか-対立軸を失ったこの国で、社会の不完全性を「問題」として言い立て、実質的な状況変化を引き出す、真の"正義"を打ち立てる。古代ギリシアからフロイト、マルクス、アレント等を通して開かれる闘争のアリーナと、ライプニッツ、デカルト、ニーチェを経たキリスト教解釈から見出される真の義人の姿。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ギリシアの遺産(法と正義を手放してはならない
  • 政治の意識・無意識
  • 法生成の母胎
  • 英雄が為し、詩人が歌う)
  • 第2章 キリスト教の遺産(「悪との戦い」?
  • 「問題」と「自由」
  • 自分はどこに立つのか
  • 正義と公共性
  • 政治を支える非政治的徳)
  • 終章 哲学は政治に貢献できるのか?

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 正義の哲学
著作者等 田島 正樹
書名ヨミ セイギ ノ テツガク
書名別名 Seigi no tetsugaku
シリーズ名 シリーズ・道徳の系譜
出版元 河出書房新社
刊行年月 2011.4
ページ数 211p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-309-24547-8
NCID BB05512805
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21931126
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想