日本の医療

島崎謙治 著

二本建ての国民皆保険、「民間」中心の医療供給システム、大病院でも直接受診できるフリーアクセスなど、日本の医療制度の構造を歴史分析と国際比較により解き明かす。急激な少子高齢化や経済の低迷により「医療崩壊」まで叫ばれる今日、日本の医療制度の何を守り、何を改革すべきなのか。医療政策の企画立案にも携わり理論と実務に通暁した著者が描き出す、日本の医療の現状と将来像。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 問題の所在と分析視角
  • 1 歴史-日本の医療制度の沿革(医療制度の基盤形成期
  • 医療制度の確立・拡張期
  • 医療制度の改革期)
  • 2 比較-医療制度・政策の国際比較(医療制度・政策の国際比較-総論およびドイツの医療制度改革
  • 米国の医療制度改革-オバマ大統領の改革と政策的示唆
  • スウェーデンの医療制度改革と日本への示唆)
  • 3 展望-医療制度の改革の方向性と政策選択(医療保険制度の基本問題
  • 各医療保険制度の構造と政策課題
  • 医療供給制度の構造と改革の方向性
  • 医療供給の改革手法)
  • 総括-要約・結論および課題

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の医療
著作者等 島崎 謙治
書名ヨミ ニホン ノ イリョウ : セイド ト セイサク
書名別名 制度と政策

Nihon no iryo
出版元 東京大学出版会
刊行年月 2011.4
ページ数 437p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-13-051133-9
NCID BB05510118
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21979047
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想