データによる大学教育の自己改善 : インスティテューショナル・リサーチの過去・現在・展望

沖清豪, 岡田聡志 編著

[目次]

  • インスティテューショナル・リサーチとは何か-その概念整理
  • 第1部 インスティテューショナル・リサーチの海外事例研究(アメリカにおけるIRの歴史と機能観をめぐる論争
  • インスティテューショナル・リサーチにおけるAlumni Research-アメリカの大学における卒業生分析を手がかりに
  • 私立大学におけるインスティテューショナル・リサーチ構築に向けての検討
  • アメリカの事例にみる類型化-担当者養成と政策立案機能から
  • オランダにおけるインスティテューショナル・リサーチの成立と展開
  • イギリスにおけるインスティテューショナル・リサーチ実践の現状と展望)
  • 第2部 日本におけるインスティテューショナル・リサーチの現状と展望(機関レベルのインスティテューショナル・リサーチ機能の実態と意識-2008年私立大学調査からの知見
  • 学部レベルではインスティテューショナル・リサーチはどのように捉えられているか-2009年ベネッセ調査からの知見
  • 日本におけるインスティテューショナル・リサーチの可能性と課題-実践例からの示唆)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 データによる大学教育の自己改善 : インスティテューショナル・リサーチの過去・現在・展望
著作者等 岡田 聡志
沖 清豪
書名ヨミ データ ニ ヨル ダイガク キョウイク ノ ジコ カイゼン : インスティテューショナル リサーチ ノ カコ ゲンザイ テンボウ
シリーズ名 早稲田教育叢書 / 早稲田大学教育総合研究所 編纂 29
出版元 学文社
刊行年月 2011.3
ページ数 206p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7620-2157-2
NCID BB05505231
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21914960
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想