昭和天皇 : 「理性の君主」の孤独

古川隆久 著

新時代の風を一身に浴び、民主的な立憲君主になろうとした昭和天皇。しかし、時代はそれを許さなかった-。本書は今まであまりふれられることのなかった青年期に至るまでの教育課程に注目し、政治的にどのような思想信念をもっていたかを実証的に探る。そしてそれは実際の天皇としての振る舞いや政治的判断にいかなる影響を与えたか、戦争責任についてどう考えていたか、さらに近代国家の君主のあり方をも考察する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 思想形成(東宮御学問所
  • 訪欧旅行
  • 摂政就任)
  • 第2章 天皇となる(田中内閣への不信
  • 首相叱責事件
  • ロンドン海軍軍縮条約問題)
  • 第3章 理想の挫折(満洲事変
  • 五・一五事件
  • 天皇機関説事件と二・二六事件)
  • 第4章 苦悩の「聖断」(日中戦争
  • 防共協定強化問題
  • 太平洋戦争開戦
  • 終戦の「聖断」)
  • 第5章 戦後(退位問題
  • 講和問題と内奏
  • 「拝聴録」への道)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 昭和天皇 : 「理性の君主」の孤独
著作者等 古川 隆久
書名ヨミ ショウワ テンノウ : リセイ ノ クンシュ ノ コドク
シリーズ名 中公新書 2105
出版元 中央公論新社
刊行年月 2011.4
ページ数 428p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-12-102105-2
NCID BB05491137
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21943449
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想