依存学ことはじめ : はまる人生、はまりすぎない人生、人生の楽しみ方

船橋新太郎 編 ; 帚木蓬生, 谷岡一郎, 村井俊哉, 廣中直行, 西村周三 著

どこからが病気なのか?依存と熱中はどこが違うのか!精神医学、社会学、脳科学、心理学、経済学のそれぞれの立場から依存症を考える。新しい「依存学」がここから始まる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ギャンブル地獄の実態と治療(病的ギャンブラーの臨床的実態
  • 病的ギャンブリングの診断 ほか)
  • 第2章 依存と集中力、そして楽しい人生-達人たちは皆、何かに「はまって」いた(物質依存とプロセス依存
  • 普段おとなしい人が豹変する! ほか)
  • 第3章 熱中と依存の境界線(病気は作られる?
  • ジョークとしてのインターネット依存 ほか)
  • 第4章 薬物依存の神経科学(はじめに-薬物依存とは
  • 依存性薬物の三大効果 ほか)
  • 第5章 依存学への期待

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 依存学ことはじめ : はまる人生、はまりすぎない人生、人生の楽しみ方
著作者等 帚木 蓬生
廣中 直行
村井 俊哉
船橋 新太郎
西村 周三
谷岡 一郎
書名ヨミ イソンガク コトハジメ : ハマル ジンセイ ハマリスギナイ ジンセイ ジンセイ ノ タノシミカタ
出版元 晃洋書房
刊行年月 2011.3
ページ数 183p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7710-2213-3
NCID BB0548683X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21939041
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想