特捜検察は必要か

江川紹子 編

特捜検事が証拠改ざん容疑で逮捕された。この事件の背景には何があるのか。特捜部のこれまでの輝かしい歴史は、「神話」に過ぎなかったのか。検察組織をどのように改革すべきなのか。論客たちが多角的に検討、発言する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1(検察に外の風を!
  • 歴史的視点からみた特捜検察
  • 特捜問題の国際比較
  • 検察とメディア
  • 全能の検察の終焉-国家エリートから法律家に戻れ)
  • 2(検察へのチェックを果たしてこなかった裁判官の責任
  • 検察官の経験から
  • 座談会・特捜検察はなぜ暴走したのか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 特捜検察は必要か
著作者等 江川 紹子
書名ヨミ トクソウ ケンサツ ワ ヒツヨウ カ
書名別名 Tokuso kensatsu wa hitsuyo ka
出版元 岩波書店
刊行年月 2011.3
ページ数 159, 3p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-00-025806-7
NCID BB05485098
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21923510
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想