「もの忘れ」を防ぐカンタン生活習慣

米山公啓 著

知っていたはずの漢字が思い出せない、人の名前をすぐに忘れてしまう…「もの忘れ」には、年齢的なものと、病気につながるちょっと危険なものがあります。若年性アルツハイマー病や認知症は、日頃の生活習慣を変えることでカンタンに予防することができます。「もの忘れ」をする脳の仕組みから、脳にいい食事、ボケない脳の作り方までを解説した本です。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 なぜ、「もの忘れ」してしまうのか?(ど忘れNo.1は名前、No.2は漢字
  • 思い出せない記憶はどこにあるのか? ほか)
  • 2章 記憶力を鍛える習慣(楽しんでいる時の脳はプラスの反応
  • 誉められた記憶はずっと残る! ほか)
  • 3章 「もの忘れ」に効く食生活(脳の疲れには炭水化物がいい
  • 朝食は脳のエネルギー ほか)
  • 4章 「もの忘れ」を防ぐ生活整理術(「新聞整理」が脳のガソリンになる?
  • 書類の処理は直感力が勝負 ほか)
  • 5章 「もの忘れ」を防ぐリフレッシュ方法(多くの会社にコーヒーメーカーがあるわけ
  • 単純作業で頭を切り替える ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「もの忘れ」を防ぐカンタン生活習慣
著作者等 米山 公啓
書名ヨミ モノワスレ オ フセグ カンタン セイカツ シュウカン
シリーズ名 だいわ文庫 125-2A
出版元 大和書房
刊行年月 2010.11
ページ数 173p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-479-30309-1
NCID BB05485021
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21844859
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想