企業論

三戸浩, 池内秀己, 勝部伸夫 著

現代社会において重要な位置を占める企業とは何だろうか。国際化が加速する現代において、企業は組織としてさまざまな構造や機能をもって多くの役割を遂行し、実に複雑な様相を呈している。その全体像を、最新のデータや事例を用いて多面的に描き出した好評書の最新版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 現代企業をみる視点-6つの企業観
  • 第1章 「財・サービスの提供機関」としての企業-豊かな社会と企業の成長
  • 第2章 「株式会社」としての企業-株式会社制度の理論と現実
  • 第3章 「大企業」としての企業-企業の変容と新しい企業観の登場
  • 第4章 「組織」としての企業-組織と管理
  • 第5章 「家」としての日本企業-日本的経営の構造と原理
  • 第6章 「社会的器官」としての企業-21世紀の企業像を求めて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 企業論
著作者等 三戸 浩
勝部 伸夫
池内 秀己
書名ヨミ キギョウロン
書名別名 New Concept of the Corporation
シリーズ名 有斐閣アルマ
出版元 有斐閣
刊行年月 2011.4
版表示 第3版.
ページ数 326p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-641-12444-8
NCID BB05481687
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21927766
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想