不破哲三時代の証言

不破哲三 著

旧制一高在学中、16歳で日本共産党に入党し、書記局長、委員長、議長を歴任。連続当選11回の衆議院議員として18人の歴代首相と白熱の論議を展開し、「自主独立」を掲げて旧ソ連や中国の共産党とも論争した。81歳を迎えた今、自らの歩んだ半生と目撃してきた時代を語る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1(「神国」信じた軍国少年-小、中学校の頃
  • 「反戦・獄中の党」に傾倒-一高在学中の入党 ほか)
  • 2(水面下の「敵対工作」-ソ連との論争
  • 圧巻のホー・チ・ミン発言-北ベトナム訪問 ほか)
  • 3(共産党排除の「オール与党」-八〇年代の逆転
  • アフガン侵攻を徹底批判-巨悪は許さず ほか)
  • 4(誤り認めた中国共産党-三二年の断絶を超えて
  • 独自外交「当たって砕けろ」-野党外交の手ごたえ ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 不破哲三時代の証言
著作者等 不破 哲三
書名ヨミ フワ テツゾウ ジダイ ノ ショウゲン
出版元 中央公論新社
刊行年月 2011.3
ページ数 245p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-12-004219-5
NCID BB05481133
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21934924
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想