日本人の性格構造とプロパガンダ

ジェフリー・ゴーラー 著 ; 福井七子 訳

本書は、ルース・ベネディクトの『菊と刀』にも影響を与えたジェフリー・ゴーラーの日本人論。ゴーラーは、日本にかんする綿密な聞き取り調査と文献研究を通して、日本人の性格構造に関するレポートを書いた。そのレポートが及ぼした影響範囲は思いのほか大きく、アメリカの戦時情報局でも対日戦におけるプロパガンダに重要な資料とされた。これまで表に出されることがなかったそのレポートを今回オープンにし、翻訳、解説することで、彼の残した日本人論に新たな光をあてる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 日本人の性格構造とプロパガンダ(日本人の性格形成
  • 日本人を侵略戦争に駆り立てた理由
  • プロパガンダと日本人)
  • 日本文化におけるいくつかのテーマ
  • 極端な事例 日本(日本の敗北
  • 最小限の実行事例-侵略的要素の排除
  • 侵略を助長する組織
  • 民主主義の基礎となる日本の村)
  • ジャップはなぜジャップなのか
  • 訳者解説ジェフリー・ゴーラーの日本人論(ジェフリー・ゴーラーの生い立ち
  • 日本人の性格構造とプロパガンダ
  • 日本文化におけるいくつかのテーマ
  • 戦時情報局
  • 極端な事例 日本
  • 太平洋問題調査会-ニューヨーク会議)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本人の性格構造とプロパガンダ
著作者等 Gorer, Geoffrey
福井 七子
ゴーラー ジェフリー
書名ヨミ ニホンジン ノ セイカク コウゾウ ト プロパガンダ
書名別名 The special case of Japan

Themes in Japanese cultute

Japanese character structure and propaganda
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2011.4
ページ数 263p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-623-06010-8
NCID BB05480072
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21923931
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想