日本語防衛論

津田幸男 著

日本語を護る、日本を護る。英語がしゃべれれば幸せになるのか?楽天、ユニクロの社内英語公用語化に抗議文をつきつけた言語学者が、英語ストレス大国・日本を斬る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • なぜ日本語を護らなければならないのか
  • 第1部 英語ストレス大国・日本の現状-深化する英語支配、後退する日本語(日本語は亡びるのだろうか?-英語の充満と日本語の後退
  • 英語社内公用語化の衝撃-「英語オンリー」か「日本語プラス英語」か?
  • 英語が格差を生み出している-英語が「上位言語」、日本語が「下位言語」
  • 英語教育の早期化と英語による英語教育-「英語が主、日本語が従」への道
  • 国際英語-「第二の英語」の脅威)
  • 第2部 言語防衛論-日本語を護るための言語理論と、五つの戦略(言語防衛理論-なぜ日本語を護るのか?
  • 日本では日本語を使おう-言語防衛戦略その一
  • 日本語本位の教育の確立-言語防衛戦略その二
  • 日本語を国際語にする-言語防衛戦略その三
  • 「日本語保護法」で日本語を護れ-言語防衛戦略その四
  • 日本をもっと宣伝せよ-言語防衛戦略その五)
  • 「平成鎖国」戦略-日本の主体性を貫け!

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本語防衛論
著作者等 津田 幸男
書名ヨミ ニホンゴ ボウエイ ロン
出版元 小学館
刊行年月 2011.4
ページ数 222p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-09-388176-0
NCID BB05476472
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21927168
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想