曲り角の日本語

水谷静夫 著

「お飲み物とか、お持ちさせていただいてよろしかったでしょうか」-奉り損ないの敬語、責任を回避する曖昧化表現など、「今時の若者は」と言っていられぬ曲り角に、いま日本語がある。長く辞書編纂に携わる国語学者が豊富な事例を分析、文科省指導の「正しい」文法のダメさ加減や、百年後の日本語予測まで、熱く楽しく語る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 辞典になぜ改訂が必要か(言葉は移ろうのが当たり前
  • 辞書の語義記述法 ほか)
  • 第2章 日本語が曲り角に、今?(七五調に崩れあり
  • 奉り損ないの"敬語" ほか)
  • 第3章 文法論を作り直せ(なぜ文法を問うのか
  • 学校文法がダメなわけ ほか)
  • 第4章 日本語未来図(変化を測る物指し
  • ゆらぐ格助詞 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 曲り角の日本語
著作者等 水谷 静夫
書名ヨミ マガリカド ノ ニホンゴ
書名別名 Magarikado no nihongo
シリーズ名 岩波新書 新赤版1304
出版元 岩波書店
刊行年月 2011.4
ページ数 203p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431304-5
NCID BB05470181
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21938361
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想