葛藤する形態 : 第一次世界大戦と美術

河本真理 著

"現代"戦争はどのように表象されるのか?モダニズム、世界の浄化を求め戦争を讃美した未来派、過酷な戦場体験から、ダダ、秩序への回帰、抽象美術の誕生へ断片化と綜合の間を揺れ動く、葛藤する美術の動向から、第一次大戦前後を含めて、戦争が美術に対して持ち得た意味を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 モダニズムと来る戦争(キュビスムのパピエ・コレとバルカン戦争
  • 未来派と戦争の審美化)
  • 第2章 視覚媒体とプロパガンダ(伝統的な視覚媒体によるプロパガンダ
  • ポスター
  • 写真
  • 映画)
  • 第3章 芸術家と戦場体験(従軍画家が見た戦場
  • カモフラージュの戦略
  • クレーの切断(分割)コラージュ
  • 兵士=芸術家による身体表象)
  • 第4章 戦中戦後の美術の万華鏡(秩序への回帰
  • "反芸術"の逆説-複数のダダをめぐって
  • 抽象美術の誕生
  • 「綜合芸術作品(Gesamtkunstwerk)のユートピア」)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 葛藤する形態 : 第一次世界大戦と美術
著作者等 河本 真理
書名ヨミ カットウスル ケイタイ : ダイ 1ジ セカイ タイセン ト ビジュツ
書名別名 Kattosuru keitai
シリーズ名 レクチャー第一次世界大戦を考える
出版元 人文書院
刊行年月 2011.3
ページ数 172p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-409-51114-5
NCID BB05467074
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21947339
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想