西田幾多郎の憂鬱

小林敏明 著

西田幾多郎(一八七〇‐一九四五)の人生。それは一人の人間の個別的な営みを超え、明治から昭和に至る奔流のただなかに姿を見せ始めた「日本」を集約し、体現するものだった。同時代の多彩な資料に基づく実証的手法によって克明に描き出される哲学者の苦悩と格闘の人生に、近代日本の成立過程に現出した幾多の問題系を照射する斬新な評伝的批評。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 憂鬱な人
  • 没落する家/父
  • 反骨の青春
  • 内向する蹉跌
  • "なければならない"の性格
  • 宗教親和性の起源
  • ロマンティックな苦悩
  • 猫も死んでしまった
  • 哲学的言文一致
  • 外国語との格闘
  • 慰戯としての和歌
  • 形なきものの形を書く
  • 無の集合論
  • すれちがう論争
  • マルクスへのアンビヴァレンツ
  • 父殺しを試みる弟子たち
  • 種の論理の影
  • 右翼による攻撃の中で
  • 人脈と軍脈
  • 象徴化される父

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 西田幾多郎の憂鬱
著作者等 小林 敏明
書名ヨミ ニシダ キタロウ ノ ユウウツ
シリーズ名 岩波現代文庫 G250
出版元 岩波書店
刊行年月 2011.4
ページ数 392p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-00-600250-3
NCID BB05456624
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21937944
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想