北朝鮮の指導体制と後継

平井久志 著

金正日体制はどのように形成され、現在に至っているのか。金正恩への権力移行はいかに進むのか。本書は金日成時代から現在に至るまでの北朝鮮指導部の動向を徹底的に解明し、謎に満ちた隣国の政治と社会の実像に迫る。歴史的な分析も踏まえて、現状を考察する本書は、私たちの北朝鮮認識をも問い直す。長年、朝鮮半島や中国等で取材を続けてきた著者が書き下ろした渾身の一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 後継者デビュー
  • 金正恩後継の推戴勢力
  • 金正恩後継体制づくりのスタート
  • 金日成時代の指導部の変遷
  • 金正日時代の指導部の変遷
  • 金日成‐金正日父子の統治スタイル
  • 金正日総書記の側近たち
  • 金ロイヤルファミリー
  • 軍のクーデターはあり得るのか
  • 金正恩後継体制の課題
  • 金正恩後継をとりまく情勢
  • 「強盛大国の門」の前で
  • 北朝鮮の体制メカニズムと民衆

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 北朝鮮の指導体制と後継
著作者等 平井 久志
書名ヨミ キタチョウセン ノ シドウ タイセイ ト コウケイ : キム ジョンイル カラ キム ジョンウン エ
書名別名 金正日から金正恩へ
シリーズ名 岩波現代文庫 S216
出版元 岩波書店
刊行年月 2011.4
ページ数 447, 42p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-00-603216-6
NCID BB05456158
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21937942
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想