ふたすじ道 馬 : 他三篇

長谷川如是閑 作長谷川如是閑 作

「己らアお仙さんさえ居なけりゃア、どんなになったってかまわねエんだ。」スリの少年、女工の姉さん、頑固な親方や失職軍人-鋭い筆鋒で明治から昭和を生きた言論人、長谷川如是閑(1875‐1969)の小説がえがく東京下町はその原風景である。他に「お猿の番人になるまで」「象やの粂さん」「叔母さん」を収録。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ふたすじ道 馬 : 他三篇
著作者等 長谷川 如是閑
書名ヨミ フタスジミチ. ウマ
シリーズ名 岩波文庫 33-176-3
出版元 岩波書店
刊行年月 2011.4
ページ数 268p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-00-331763-1
NCID BB05455439
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21937388
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
お猿の番人になるまで 長谷川如是閑 作
ふたすじ道 長谷川如是閑 作
叔母さん 長谷川如是閑 作
解説 飯田泰三
象やの粂さん 長谷川如是閑 作
長谷川如是閑 作
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想