なぜ、「回想療法」が認知症に効くのか

小山敬子 著

認知症を進行させないためには、回想療法が効果的といわれている。回想療法は、精神科のプロが研究と実践を重ねてきた治療法で、昔の写真や思い出の品を頼りに患者の記憶を刺激するもの。正しい方法さえ身につければ家庭でもできるもので、じわじわと全国に広がり、明らかな効果を上げている。医師である著者は「学校体験を回想する壮大な仕掛け」として、介護施設「おとなの学校」を運営、回想療法による認知症治療に取り組んできた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 認知症になったかもしれない(こんな症状が出たら要注意
  • そもそも認知症とは ほか)
  • 第2章 認知症は新たな人生の幕開け(「多幸感」が表情に出てくる時
  • もしも自由になれるなら ほか)
  • 第3章 脳を活性化する回想法の実際(認知症の薬物外各種療法を知る
  • 回想法が生まれた理由 ほか)
  • 第4章 回想法の進化(認知症だからできる「場」の作り方
  • 五感に訴える ほか)
  • 第5章 あなたにもできる回想法(あなたしか知らないことがある
  • 家族だけのパズル ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 なぜ、「回想療法」が認知症に効くのか
著作者等 小山 敬子
書名ヨミ ナゼ カイソウ リョウホウ ガ ニンチショウ ニ キクノカ
シリーズ名 祥伝社新書 235
出版元 祥伝社
刊行年月 2011.3
ページ数 192p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-396-11235-6
NCID BB05455009
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21906691
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想