証言日中映画人交流

劉文兵 著

高倉健、佐藤純彌、栗原小巻、山田洋次ら邦画界トップクラスの俳優、映画監督たちの中国との交流を気鋭の中国人映画研究者がインタビュー。高倉健の内田吐夢監督の思い出、父や幼少期の話、佐藤監督の人民解放軍との共同作業の逸話、栗原小巻の日中文化交流活動、山田監督の敗戦後の満州での生活のエピソードなど、初めて語られる貴重な証言が満載。また、戦時中中国戦線へ従軍した経験を持つ名匠木下惠介監督の知られざる功績にも光をあてる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 高倉健(宋公館の幽霊
  • 父と満州 ほか)
  • 第2章 佐藤純彌(『君よ憤怒の河を渉れ』は半数以上の中国人が観た
  • やくざ映画をもってやくざを否定する ほか)
  • 第3章 栗原小巻(デビュー作で中国人女性を演じた
  • 山本薩夫監督と『戦争と人間』 ほか)
  • 第4章 山田洋次(幻の『男はつらいよ大連旅情』
  • 野球少年陳君 ほか)
  • 第5章 木下惠介(木下惠介と中国
  • 木下惠介関係者インタビュー)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 証言日中映画人交流
著作者等 劉 文兵
書名ヨミ ショウゲン ニッチュウ エイガジン コウリュウ
シリーズ名 集英社新書 0590F
出版元 集英社
刊行年月 2011.4
ページ数 253p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-08-720590-9
NCID BB05447645
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21929937
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想