歴史のなかの家族と結婚

伊集院葉子, 栗山圭子, 長島淳子, 石崎昇子, 浅野富美枝 著 ; 服藤早苗 監修

古代から、少子高齢化に直面する現代まで、男女の出会いと結婚、家と家族の営み、育児や老いの問題など、家族と結婚の日本史を一冊でわかりやすく解説する。さまざまな変化をたどってきた家族のあり方の歴史と現在。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 古代-共同体に育まれる家族(性・愛・結婚
  • 家族・生活)
  • 第2章 中世-「家」成立の時代
  • 第3章 近世-嫁入り婚と小家族の展開
  • 第4章 近代-都市家庭の形成と結婚観の変化
  • 第5章 現代-多様化する家族と結婚のかたち

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 歴史のなかの家族と結婚
著作者等 伊集院 葉子
服藤 早苗
栗山 圭子
浅野 富美枝
石崎 昇子
長島 淳子
書名ヨミ レキシ ノ ナカ ノ カゾク ト ケッコン : ジェンダー ノ シテン カラ
書名別名 ジェンダーの視点から
シリーズ名 叢書・〈知〉の森 8
出版元 森話社
刊行年月 2011.4
ページ数 260p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-86405-022-7
NCID BB05443961
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21931127
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
中世 栗山 圭子
古代 伊集院 葉子
現代 浅野富美枝
近世 長島淳子
近代 石崎昇子
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想