母性のゆくえ : 「よき母」はどう語られるか

エリザベート・バダンテール 著 ; 松永りえ 訳

大反響をよんだベストセラー『母性という神話』から30年。エコロジー、完全母乳育児、母子密着を過剰にもてはやす現代の「自然回帰主義」は、母性の概念にどのような影響を与えているのだろうか。ふたたび「常識」を問いなおし、その先を切り開くための知的考察。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 静かなる変革
  • 第1部 現況証明書(母性のジレンマ)
  • 第2部 自然主義の攻撃(反動分子の聖なる同盟
  • 母親たちよ、あなた方は子どもあっての存在なのです!
  • 赤ちゃんは絶対君主)
  • 第3部 重荷を背負いすぎて…(女性が望む姿の多様性
  • お腹のストライキ
  • フランス人の場合)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 母性のゆくえ : 「よき母」はどう語られるか
著作者等 Badinter, Elisabeth
松永 りえ
バダンテール エリザベート
書名ヨミ ボセイ ノ ユクエ : ヨキ ハハ ワ ドウ カタラレルカ
書名別名 Le conflit
出版元 春秋社
刊行年月 2011.3
ページ数 264p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-393-36632-5
NCID BB05441638
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21923603
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想