魚附林の地球環境学 : 親潮・オホーツク海を育むアムール川

白岩孝行 著

世界有数の水産資源を誇る親潮・オホーツク海。この豊かさはどこから来るのか?将来も続くのか?その解明に挑んだ科学者がたどりついたのが、日本で江戸時代から受け継がれてきた"魚附林"という概念だった。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 豊穣の海
  • 鉄不足にあえぐ海
  • 国際チームをつくる
  • フィールドワークを取り巻くさまざまな問題
  • ひとつの仮説
  • 大気から来る鉄は重要か
  • アムールリマンの謎
  • 鉄を生み出す湿原
  • アムール川流域の土地利用変化とその背景
  • 数値モデルが語る鉄の未来
  • 魚附林と巨大魚附林
  • アムール・オホーツクとコンソーシアムの設立へ
  • 平和環境構築と大学からの挑戦

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 魚附林の地球環境学 : 親潮・オホーツク海を育むアムール川
著作者等 白岩 孝行
書名ヨミ ウオツキリン ノ チキュウ カンキョウガク : オヤシオ オホーツクカイ オ ハグクム アムールガワ
シリーズ名 地球研叢書
出版元 昭和堂
刊行年月 2011.3
ページ数 226p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-8122-1118-2
NCID BB05437823
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21915046
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想