イスラーム革命の精神

嶋本隆光 著

1979年のイラン・イスラーム革命については、新聞紙上の喧しい報道にもかかわらず、革命後の今日においても定まった評価は得られていない。イスラーム革命の精神を支える思想的基盤を確立したのは、ホメイニー師の愛弟子で凶弾に倒れたモルタザー・モタッハリー(1920‐79)である。イランでは英雄視されながらわが国ではまったく無名である哲学者の思想を紹介しながら、イスラーム主義の本質を明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 イスラーム革命とアメリカ-革命の背景
  • 第2章 ホメイニーの愛弟子-モルタザー・モタッハリーの生涯
  • 第3章 神の公正とは何か-イスラームの神義論
  • 第4章 近代西洋唯物主義批判-無神論との対決
  • 第5章 史的唯物論とイスラーム的世界観-物質と精神の均衡の模索
  • 第6章 自己を知ること-イスラーム的「完全な人間」
  • 第7章 イスラーム的民主主義とは何か-近代西洋的価値への挑戦

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 イスラーム革命の精神
著作者等 嶋本 隆光
書名ヨミ イスラーム カクメイ ノ セイシン
シリーズ名 学術選書 052
出版元 京都大学学術出版会
刊行年月 2011.4
ページ数 231p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-87698-852-5
NCID BB0543479X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21914692
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想