転落の歴史に何を見るか

齋藤健 著

1905年の奉天会戦から1939年のノモンハン事件に至る34年間は、国家改造計画から共産主義思想まで、日本が内発的な改革に呻吟した時代だった。しかし、結局、軍部の専制を防げず、未曾有の敗戦という結末を迎えることになる。日本の自己改革はなぜ失敗したのだろうか。官僚から政治家となった著者が自らの体験を振り返り、近代史との様々な対話の中から、その原因を追究する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 二〇世紀前半の日本への旅の準備
  • 第2章 奉天からノモンハンへ
  • 第3章 現在への視座
  • あとがき-旅を終えて
  • 日本軍の情報マネジメント、そして「現在」
  • 原敬-ジェネラリストの巨星
  • 「生真面目な昭和」から何を学ぶか(対談/福田和也)
  • 日露戦争後の日本、バブル後のニッポン(鼎談/秦郁彦・寺島実郎)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 転落の歴史に何を見るか
著作者等 齋藤 健
書名ヨミ テンラク ノ レキシ ニ ナニ オ ミルカ
シリーズ名 ちくま文庫 さ35-1
出版元 筑摩書房
刊行年月 2011.4
版表示 増補.
ページ数 232p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-42826-4
NCID BB05434213
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21937954
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想