芝居の神様 : 島田正吾・新国劇一代

吉川潮 著

戦前から戦後にかけて大衆娯楽の殿堂であった新国劇の看板役者であり、勝新太郎、六世歌右衛門、十八代勘三郎ら映画・歌舞伎の名優たちが認め、敬愛した名優の中の名優、島田正吾。九十六歳まで舞台に立ち続け、伝説のひとり芝居「白野弁十郎」を演じ続けたその生涯を、師匠澤田正二郎、盟友辰巳柳太郎、後輩緒形拳、座付き作者池波正太郎らとの逸話、名台詞と共に辿る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 白野弁十郎
  • 国定忠治
  • 沓掛時次郎
  • 関の弥太っぺ
  • 瞼の母
  • 一本刀土俵入
  • 人生劇場・青春篇
  • 王将・前篇
  • 殺陣師段平
  • 遠い一つの道
  • 太閤記
  • 同期の桜
  • 風林火山
  • 王将・後篇
  • 人生劇場・残侠編
  • 荒川の佐吉
  • 白野弁十郎・尼寺の場

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 芝居の神様 : 島田正吾・新国劇一代
著作者等 吉川 潮
書名ヨミ シバイ ノ カミサマ : シマダ ショウゴ シンコクゲキ イチダイ
書名別名 Shibai no kamisama
シリーズ名 ちくま文庫 よ25-2
出版元 筑摩書房
刊行年月 2011.4
ページ数 443p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-42822-6
NCID BB05432965
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21937956
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想