話の聴き方からみた軽度発達障害 : 対話的心理療法の可能性

畑中千紘 著

[目次]

  • 序章 軽度発達障害と対話的心理療法
  • 第1章 軽度発達障害のコミュニケーション-聴き方への着目
  • 第2章 人は話をどう聴いているのか1-大学生の聴き方
  • 第3章 軽度発達障害の基本的体験様式-ロールシャッハ・テストの分析
  • 第4章 人は話をどう聴いているのか2-軽度発達障害の人の聴き方
  • 第5章 臨床事例研究:軽度発達障害と対話的心理療法-聴けない話をしつづける老年期男性との心理療法プロセスの検討
  • 第6章 心理療法における"聴く"行為-軽度発達障害の聴き方からみえてきたもの
  • 終章 対話的心理療法の現状-主体なき現代社会

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 話の聴き方からみた軽度発達障害 : 対話的心理療法の可能性
著作者等 畑中 千紘
書名ヨミ ハナシ ノ キキカタ カラ ミタ ケイド ハッタツ ショウガイ : タイワテキ シンリ リョウホウ ノ カノウセイ
シリーズ名 こころの未来選書
出版元 創元社
刊行年月 2011.3
ページ数 252p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-422-11223-7
NCID BB05421958
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21983196
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想