江戸落語 : 誕生と発展

延広真治 著

鹿野武左衛門、鳥亭焉馬、三笑亭可楽、林屋正蔵…。江戸落語の立役者たち。元禄期に遡る落語は、始祖武左衛門の流罪で途絶。棟梁にして、熱狂的団十郎贔屓の焉馬が、「咄の会」を運営、中興の祖になるのが百年後。机から高座への移行、短い落とし咄の連結、狂歌との関連、寄席の登場、怪談の導入等々、落語形成過程を克明に活写。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1(鹿野武左衛門
  • 烏亭焉馬)
  • 2(『太平楽巻物』
  • 咄の会)
  • 3(三笑亭可楽
  • 林屋正蔵)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 江戸落語 : 誕生と発展
著作者等 延広 真治
書名ヨミ エド ラクゴ : タンジョウ ト ハッテン
書名別名 落語はいかにして形成されたか

Edo rakugo
シリーズ名 講談社学術文庫 2044
出版元 講談社
刊行年月 2011.4
ページ数 323p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-06-292044-5
NCID BB05408392
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21927833
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想