政権交代の悪夢

阿比留瑠比 著

民主党政権は政治を堕落させ、国家を壊滅の危機に陥れてしまった。なぜこんなことになったのか。「危機管理能力の欠如を示した菅政権」「"小沢はぶれない政治家"は完全な幻想である」「政策集に影響力を行使していたのは旧社会党スタッフ」「鳩山首相は反捕鯨国の首相に、『私はクジラ肉は嫌いです』と媚を売っていた」…政権交代前から警鐘を鳴らし続けてきた著者が明かす、愚かすぎる政権の酷すぎる内幕。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 大いなる不安
  • 第2章 隠された本質
  • 第3章 舞い上がり、甘え、驕り
  • 第4章 宇宙人の非常識外交
  • 第5章 小沢とカネ問題
  • 第6章 ルーピーの退陣
  • 第7章 究極の55年体制、完成す
  • 第8章 軽蔑される首相
  • 終章 焦土にて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 政権交代の悪夢
著作者等 阿比留 瑠比
書名ヨミ セイケン コウタイ ノ アクム
書名別名 Seiken kotai no akumu
シリーズ名 新潮新書 417
出版元 新潮社
刊行年月 2011.4
ページ数 223p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-10-610417-6
NCID BB05406502
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21928847
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想