「韓国併合」100年を問う  『思想』特集・関係資料

趙景達, 宮嶋博史, 李成市, 和田春樹 編

「韓国併合」とは何であったのか。歴史認識をめぐる軋轢はなぜ絶えないのか。「併合」一〇〇年を機に、植民地支配をめぐる未解決の諸問題を捉え直し、歴史認識の根本的な転換を図るべく問題提起を行って反響を呼んだ雑誌『思想』二〇一〇年一月号の特集を単行本化。あわせて、朝鮮の「開国」前夜から一九四五年敗戦・解放までの日朝関係史の理解に資する基本史料・年表を収める。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 「韓国併合」一〇〇年を問う-『思想』二〇一〇年一月号特集(「韓国併合」への道
  • 植民地支配下の朝鮮
  • 「韓国併合」の歴史認識
  • 「韓国併合」と日本人)
  • 第2部 近代日朝関係史史料・年表(朝鮮の開国と「独立」
  • 大韓帝国の興亡-日清戦争後から「韓国併合」まで
  • 武断政治から文化政治へ-「韓国併合」から満州事変まで
  • 十五年戦争下の朝鮮-満州事変から解放まで
  • 近代日朝関係史関連年表)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「韓国併合」100年を問う
著作者等 和田 春樹
宮嶋 博史
李 成市
趙 景達
書名ヨミ カンコク ヘイゴウ 100ネン オ トウ
巻冊次 『思想』特集・関係資料
出版元 岩波書店
刊行年月 2011.3
ページ数 384p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-00-025803-6
NCID BB0540429X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21922796
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想