原発のどこが危険か

桜井淳 著

2011年3月11日、午後2時46分。三陸沖を震源とするマグニチュード9.0の巨大地震が、東日本を襲った。この地震と津波の影響で、福島第一原発の1〜3号機が緊急停止。非常用の炉心冷却装置が作動せず、原子炉圧力容器の水位が低下する深刻な危機に陥った。本書は、1995年刊行の旧版に、この福島第一原発事故についての詳細な考察を加え、新版として刊行するものである。事故は、非常用ディーゼル発電機の不作動が危機の引き金となったが、本書は旧版において、この非常用ディーゼル発電機の危険性を指摘していた。まさに本書は、現代に警告を発する「予言の書」であった。過去の事故を総ざらいし、老朽化を迎えつつある今日の原発の危険性と問題点を浮き彫りにする。いま読まれるべき独自の安全論である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 原子力施設の事象の国際評価尺度
  • 2 圧力容器をめぐる安全問題
  • 3 蒸気発生器をめぐる安全問題
  • 4 世界の二大原発事故
  • 5 米国製原発の深刻な事故
  • 6 旧ソ連製原発の深刻な事故
  • 二〇一一年福島原発事故、どこが盲点だったのか-あとがきにかえて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 原発のどこが危険か
著作者等 桜井 淳
書名ヨミ ゲンパツ ノ ドコ ガ キケン カ : セカイ ノ ジコ ト フクシマ ゲンパツ
書名別名 世界の事故と福島原発

Genpatsu no doko ga kiken ka
シリーズ名 朝日選書 876
出版元 朝日新聞
刊行年月 2011.4
版表示 新版
ページ数 222p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-02-259976-6
NCID BB05380919
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21925450
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想