「コミュニケーション能力がない」と悩むまえに : 生きづらさを考える

貴戸理恵 著

学校や職場で重視される「コミュニケーション能力」や「社会性」。しかし、人と人の関係の産物であるコミュニケーションを、個人的に内在する能力のように考えてよいのだろうか。「学校に行かない/働かない人」を「社会性がない」と断じるまえに、彼ら/彼女らと「働いて自活している人」との関係を振り返り、両者のよりよいコミュニケーションを模索する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 「個人」と「社会」のあいだ(「関係性の個人化」が起きている
  • 届かない社会要因論 ほか)
  • 2 不登校からみる「関係的な生きづらさ」(「理由なく学校に行かない子ども」が問いかけるもの
  • 長期欠席出現率の変化 ほか)
  • 3 なぜ「私たち」は「彼ら」を聞けないのか(「社会のせい」と「自己責任」のあいだ
  • 「生きづらさ」をめぐる六つの語り ほか)
  • 4 「わたし」のポジションから考える(生きづらいのは誰か
  • 「関係」で考えるメリット・デメリット ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「コミュニケーション能力がない」と悩むまえに : 生きづらさを考える
著作者等 貴戸 理恵
書名ヨミ コミュニケーション ノウリョク ガ ナイ ト ナヤム マエ ニ : イキズラサ オ カンガエル
書名別名 Komyunikeshon noryoku ga nai to nayamu mae ni
シリーズ名 岩波ブックレット no.806
出版元 岩波書店
刊行年月 2011.4
ページ数 63p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-00-270806-5
NCID BB05373130
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21939394
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想