ディスコミュニケーションの心理学 : ズレを生きる私たち

山本登志哉, 高木光太郎 編

日中、日韓の文化のあいだで、学校、大学のなかで、あるいは法廷や介護の現場で、「ズレ」をこそ生きる私たちの心理学を試みる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ズレとしてのコミュニケーション
  • 第1部 対立から共同性へ-生成の現場としてのディスコミュニケーション(ズレの展開としての文化間対話
  • 異文化理解における対の構造のなかでの多声性-お小遣いインタビューでみられる揺れと安定を通して
  • ズレを通じてお互いを知りあう実践-学校臨床のディスコミュニケーション分析)
  • 第2部 日常性の中のディスコミュニケーション(ケア場面における高齢者のコミュニケーションとマテリアル
  • 未来という不在をめぐるディスコミュニケーション-大学生の揺れ続ける未来と共にある実践の在り方
  • 回想とディスコミュニケーション)
  • 第3部 ディスコミュニケーションを語り合う(見える文化と見えない文化-「規範化」から見た考察
  • 座談会 ズレながら共にあること)
  • 第4部 ディスコミュニケーションを語る視座-理論的検討(ディスコミュニケーション分析の意味-拡張された媒介構造(EMS)の視点から
  • ディスコミュニケーション事態の形式論-言語的相互作用の微視分析に向けて)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ディスコミュニケーションの心理学 : ズレを生きる私たち
著作者等 山本 登志哉
高木 光太郎
書名ヨミ ディスコミュニケーション ノ シンリガク : ズレ オ イキル ワタクシタチ
出版元 東京大学出版会
刊行年月 2011.3
ページ数 279p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-13-011132-4
NCID BB0534852X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21943876
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想