放物型発展方程式とその応用  下 (解の挙動と自己組織化)

八木厚志 著

本書は、放物型発展方程式理論の基本事項と、理学・工学など多方面から提出される非線形拡散方程式モデルへの応用の方法を示す。この理論は、実世界のさまざまな現象を記述する具体的な非線形拡散方程式モデルに対して、統一的・体系的な取り扱い方を提供する。基礎事項と可解性の理論を述べた上巻に続き、下巻では、物理学、化学、生態学、工学などで提出されている典型的な自己組織化モデルへの応用を扱う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 7 力学系
  • 8 数値解析
  • 9 半導体モデル
  • 10 活性・抑制因子モデル
  • 11 Belousov‐Zhabotinski反応モデル
  • 12 森林動態モデル
  • 13 走化性モデル
  • 14 シロアリの塚構築モデル
  • 15 吸着質誘導相転移モデル
  • 16 交差拡散をともなうLotka‐Volterra競合型モデル

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 放物型発展方程式とその応用
著作者等 八木 厚志
書名ヨミ ホウブツガタ ハッテン ホウテイシキ ト ソノ オウヨウ
書名別名 解の挙動と自己組織化
シリーズ名 岩波数学叢書
巻冊次 下 (解の挙動と自己組織化)
出版元 岩波書店
刊行年月 2011.3
ページ数 360p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-00-007596-1
NCID BB05342782
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21923552
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想