歴史教育から「社会科」へ : 現場からの問い

君島和彦 編

社会科教育に携わる教師たちの試行錯誤の実例。「歴史を学ぶとは?」「歴史を教えることとは?」教師たちの「現場」の声を届けます。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 「現場」の論理-さまざまな場所からの提起(育ててさぐろうお米の世界-小学校5年生 総合的な学習の時間
  • 権利としての障害児教育-交流・共同学習、障害理解学習のとりくみ ほか)
  • 第2部 「社会教育」のなかの歴史学習(社会教育における歴史学習の展開
  • 「ちぎられた心」のすがた-癩(らい)を病んだ子どもと「絆」)
  • 第3部 戦争史・現代史教育実践の試み(冷戦後世代への歴史教育-戦争学習と近現代史学習
  • 戦争をどう教えるか-小中高を一貫する視点から ほか)
  • 第4部 国際社会のなかの歴史教育-韓国からの視座(歴史認識の転向と分岐-敗戦=解放前後の映画と教科書から見る韓国と日本のアジア太平洋戦争
  • 韓国における歴史教育の葛藤-教育課程、歴史教育を中心に ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 歴史教育から「社会科」へ : 現場からの問い
著作者等 君島 和彦
書名ヨミ レキシ キョウイク カラ シャカイカ エ : ゲンバ カラノ トイ
出版元 東京堂
刊行年月 2011.3
ページ数 290p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-490-20729-3
NCID BB05341043
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21909552
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想