遺伝マインド : 遺伝子が織り成す行動と文化

安藤寿康 著

四〇億年の生命進化の来歴を刻み、現存する一七〇万種の生物多様性の関連をつなぐ遺伝子。遺伝マインドとは、人間も生物の一種として遺伝子の影響を受けており、心のあらゆる側面にそれが表れていると考える姿勢や態度を意味する。行動遺伝学の知見を土台に、環境決定論でも、遺伝決定論でもない、いま求められる新しい遺伝観、および環境と社会の見方を提示する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 遺伝マインドとは
  • 第1章 遺伝子と多様性
  • 第2章 ふたごのはなし
  • 第3章 遺伝のはなし
  • 第4章 遺伝のつづきばなし
  • 第5章 環境のはなし
  • 終章 遺伝マインドで考える

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 遺伝マインド : 遺伝子が織り成す行動と文化
著作者等 安藤 寿康
書名ヨミ イデン マインド : イデンシ ガ オリナス コウドウ ト ブンカ
書名別名 Genetic Mind
シリーズ名 有斐閣insight
出版元 有斐閣
刊行年月 2011.4
ページ数 228p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-641-17805-2
NCID BB05329310
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21926769
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想