うつ自殺を止める : 〈睡眠〉からのアプローチ

松本晃明 著

一九九八年以来、日本における年間自殺者数は三万人を超える状態が続いている。なかでも中高年男性の割合が非常に高く、うつ病を患っていたケースが多い。この状況に対し、身近なところからできる、うつ・自殺予防対策として打ち出されたのが「富士モデル事業」である。静岡県富士市で始まったこの試みは、自殺への防波堤になりうるだけでなく、地域の活性化にもつながるものだ。活動の中心にいる精神科医が、"睡眠"に着目した取り組みの実際を詳述する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 パパ、ちゃんと寝てる?
  • 第1章 不眠とうつ病
  • 第2章 働き盛り世代の自殺
  • 第3章 不眠二週間はうつのサイン-富士モデル事業
  • 第4章 富士モデル事業までの道
  • 第5章 家族の幸せ、社会の幸せ
  • 第6章 働き盛り世代の健康と命を守る
  • 第7章 全国への広がり

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 うつ自殺を止める : 〈睡眠〉からのアプローチ
著作者等 松本 晃明
書名ヨミ ウツ ジサツ オ トメル : スイミン カラノ アプローチ
シリーズ名 ちくま新書 899
出版元 筑摩書房
刊行年月 2011.4
ページ数 212p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-480-06602-2
NCID BB05325626
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21939866
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想