反響する文学

土屋勝彦 編

「移民文学」から「世界文学」へ-。共鳴し、反射するエクリチュール。ゆらぎ、きしみに苦悩しつつも、「世界文学」へと飛翔する異郷者のパトス-。新たなる文学言語創造への果敢な挑戦をとらえた先駆的論考集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • アラブ・フランコフォニーと越境の文学-アルジェリア・レバノン・エジプト
  • グリッサン、フォークナー、サン・ジョン・ペルス-ポストプランテーション文学論の試み
  • フォークナーの『寓話』と越境
  • アメリカ合衆国スロヴァキア系集団の祝祭
  • 多和田葉子の鳥類学
  • わたしの語り、わたしたちの語り-ドイツ連邦共和国において一九八〇年代に書かれたポーランド語文学を通して
  • 異彩のダイヤモンド-E.S.エツダマの作品における異化効果
  • 「移民文学」から「世界文学」へ-二つのシンポジウムを中心に

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 反響する文学
著作者等 Federmair, Leopold
中村 隆之
井上 暁子
土屋 勝彦
山本 明代
田中 敬子
谷口 幸代
鵜戸 聡
夜陣 素子
書名ヨミ ハンキョウスル ブンガク
書名別名 Hankyosuru bungaku
シリーズ名 人間文化研究叢書 : 名古屋市立大学 創刊号
出版元 風媒社
刊行年月 2011.3
ページ数 264p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8331-4087-4
NCID BB0532388X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21921732
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想