たのしい日本語学入門

中村明 著

ことばは人を映し出すという。ならば日本語には日本人が映し出されているにちがいない。「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった」のように表面に主語が現れなくても自然に意味が通じる、「とりあえず」「ぼつぼつ」のように具体的に何をさすのかはっきりしない語が多い、ひらがな・カタカナ・漢字を併せもつばかりか外来語まで独自のものに作り替えて使ってしまう…。音声・文字・語彙・文法から、敬語や表現まで、日本語の知識を笑いながら身につける傑作入門書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 日本語の全景
  • 2 日本語の音声
  • 3 日本語の文字
  • 4 日本語の語彙
  • 5 日本語の文法
  • 6 日本語のコミュニケーション

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 たのしい日本語学入門
著作者等 中村 明
書名ヨミ タノシイ ニホンゴガク ニュウモン
書名別名 日本語案内
シリーズ名 ちくま学芸文庫 ナ1-6
出版元 筑摩書房
刊行年月 2011.4
ページ数 285p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-09354-7
NCID BB05321192
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21935674
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想