さよなら、ニッポン : ニッポンの小説 2

高橋源一郎 著

志賀直哉から綿矢りさまで…刺激的かつ根源的文学論の第二弾。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 全文引用
  • 前回に引き続き
  • 『夜露死苦現代詩』、乱入する
  • 「権威の象徴でもあった文学」について
  • 「緊張」はあった方がいい
  • 「凡庸なものたち」の運命にこそ深い関心を払わねばならない
  • これ以上、書く気になれない
  • 143頁と144頁の間に
  • 人間はチンポであり、まんこなんです
  • それがなにであれ、なにかを始めることは難しい〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 さよなら、ニッポン : ニッポンの小説 2
著作者等 高橋 源一郎
書名ヨミ サヨナラ ニッポン : ニッポン ノ ショウセツ
書名別名 Sayonara nippon
出版元 文藝春秋
刊行年月 2011.2
ページ数 537p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-16-373690-7
NCID BB05319430
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21899324
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想