大衆化とメリトクラシー : 教育選抜をめぐる試験と推薦のパラドクス

中村高康 著

[目次]

  • 序章 現代の教育と選抜をどうとらえるか
  • 1章 再帰的メリトクラシーの社会
  • 2章 選抜の文明史-推薦から試験へ
  • 3章 教育の大衆化と推薦入学-マス選抜の成立史
  • 4章 教育の大衆化と偏差値-もうひとつのマス選抜装置
  • 5章 入試多様化と現代-マス選抜の偏在傾向の分析
  • 6章 非進学校からの大学進学-マス選抜制度の機能
  • 7章 四大シフト現象の内部過程-マス選抜のプロセス
  • 終章 後期近代における教育と選抜

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大衆化とメリトクラシー : 教育選抜をめぐる試験と推薦のパラドクス
著作者等 中村 高康
書名ヨミ タイシュウカ ト メリトクラシー : キョウイク センバツ オ メグル シケン ト スイセン ノ パラドクス
書名別名 Educational Expansion and Meritocracy
出版元 東京大学出版会
刊行年月 2011.3
ページ数 238p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-13-056220-1
NCID BB05308591
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21945324
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想