もう一冊のゆりちかへ : テレニン晃子さんとの日々

田島安江 著

余命半年と告げられた晃子は、抗癌剤による吐き気と痛み、死への恐怖に耐えながら娘への思いを綴る。我が子を抱くことすら出来ない不自由な身体の彼女を、「何も出来なくても、一日でも長生きしてほしい」と家族は励まし続ける。限られた命を本作りに捧げる晃子を二人三脚でサポートした編集者と病室で見守り続けた家族との感動ノンフィクション。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじまり
  • いつかは海外で暮らしたい
  • がんとの必死の闘い
  • カセットテープから流れる晃子さんの声
  • 闘病しながらの原稿執筆
  • やはり書店で売りたい
  • 闘病記も足そう
  • 残された2本のテープ
  • リリー・フランキーさんへの依頼
  • 西日本新聞の連載始まる〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 もう一冊のゆりちかへ : テレニン晃子さんとの日々
著作者等 田島 安江
書名ヨミ モウ イッサツ ノ ユリチカ エ : テレニン アキコ サン トノ ヒビ
シリーズ名 幻冬舎文庫 た-46-1
出版元 幻冬舎
刊行年月 2011.2
ページ数 230p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-344-41638-3
NCID BB05304433
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21964869
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想