日本型近代家族 : どこから来てどこへ行くのか

千田有紀 著

家の伝統、家父長制、ロマンティックラブ、核家族論から格差社会におけるポスト近代家族まで。日本型近代家族の謎を解きあかす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 日本型近代家族(「近代家族」の形成
  • システムとしての近代家族
  • 日本型近代家族の変容)
  • 第2部 家族の近代と日本(家族社会学における「家」
  • 家父長制をめぐって
  • 核家族という問題)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本型近代家族 : どこから来てどこへ行くのか
著作者等 千田 有紀
書名ヨミ ニホンガタ キンダイ カゾク : ドコ カラ キテ ドコ エ ユクノカ
書名別名 Nihongata kindai kazoku
出版元 勁草書房
刊行年月 2011.3
ページ数 186, 12p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-326-65361-4
NCID BB05300035
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21919943
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想