観客へのアプローチ

藤木秀朗 編

観客とは何者か。ファン文化、テクノロジー、産業、批評、植民地、興行、社会運動、教育、消費など、映画史上のさまざまな事例を通して、複層的な面をもつ観客に多角的にアプローチする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論 観客へのアプローチ
  • 1 映画文化と観客(顔斬り-林長二郎のスターダムと女性観客
  • 1953‐D年、日本-「立体映画」言説と映画観客 ほか)
  • 2 社会と観客(分離されたシネマ、絡み合う歴史-日本植民地支配下の一九二〇年代朝鮮映画文化
  • 「社会」の構築と民衆/観客-戦間期の社会教育・民衆娯楽としての映画 ほか)
  • 3 場と観客(写し絵とその観衆
  • ファン像の生成-一九二〇年代の文学と映画文化の遭遇から ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 観客へのアプローチ
著作者等 藤木 秀朗
書名ヨミ カンキャク エノ アプローチ
シリーズ名 日本映画史叢書 14
出版元 森話社
刊行年月 2011.3
ページ数 411p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-86405-020-3
NCID BB05298126
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21919948
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想