資本主義の起源と「西洋の勃興」

エリック・ミラン 著 ; 山下範久 訳

[目次]

  • 第1章 ヨーロッパにおける商人資本主義の起源をめぐる諸見解(正統派マルクス主義
  • ブレナー主義(ブレナー・アプローチ) ほか)
  • 第2章 中国とヨーロッパの政治経済比較(宋代における中国の社会経済革命(九〇〇‐一二八〇年頃)
  • 中国とモンゴル ほか)
  • 第3章 南アジアとヨーロッパの政治経済比較(南アジア地域における交易と商品流通
  • 南アジアにおける国家と国家構造 ほか)
  • 第4章 西欧と北アフリカの政治経済比較(北アフリカとスーダン諸国(紀元一二〇〇‐一五〇〇年頃)
  • 北アフリカの都市、国家、地中海における勢力均衡 ほか)
  • 第5章 結論-中世西欧の都市国家はヨーロッパの奇跡だったのか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 資本主義の起源と「西洋の勃興」
著作者等 Mielants, Eric
山下 範久
Mielants Eric H.
ミラン エリック
書名ヨミ シホン シュギ ノ キゲン ト セイヨウ ノ ボッコウ
書名別名 The origins of capitalism and the"rise of the west"

Shihon shugi no kigen to seiyo no bokko
出版元 藤原書店
刊行年月 2011.3
ページ数 326p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-89434-788-5
NCID BB05282443
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21917776
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想