自由への変革と市民教育

不破和彦 編訳

ポスト共産主義国家の現在と未来。1989‐1991年の変革を経て、彼らはいかにして自由と民主化を実現していったのか-市民教育が果たした役割に焦点をあてながら、東ヨーロッパ、中央ヨーロッパ、バルト諸国の政治・社会・文化の変容過程を具体的に分析し、今後の方向性を提示する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 社会変革への市民の参加と市民教育
  • 第1章 "並行社会"から市民社会へ-権威主義からの出現
  • 第2章 活動と活動的シティズンシップ
  • 第3章 壁の窪みでの民主主義の学習-東ドイツにおける一つの教育的存在としてのプロテスタント・アカデミーの地位
  • 第4章 ポーランドの市民社会と市民教育
  • 第5章 チェコ社会の転換と成人のシティズンシップ(市民)教育
  • 第6章 リトアニアの成人教育-社会の開放性を育む
  • 第7章 シティズンシップのための言語の学習か-なぜエストニアのロシア語話者はエストニア語を学習するのか
  • 第8章 ジャーナリストとインターネット:誰が誰をコントロールするか-ポスト共産主義リトアニアにおけるジャーナリズムの社会的役割の探求

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 自由への変革と市民教育
著作者等 不破 和彦
書名ヨミ ジユウ エノ ヘンカク ト シミン キョウイク
書名別名 Jiyu eno henkaku to shimin kyoiku
出版元 青木書店
刊行年月 2011.2
ページ数 182p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-250-21102-7
NCID BB05274117
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21965892
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
`並行社会'から市民社会へ ミカエル・ブロン
シティズンシップのための言語の学習か トベ・リンデン
ジャーナリストとインターネット:誰が誰をコントロールするか アウクセ・バルチーティエネ
チェコ社会の転換と成人のシティズンシップ(市民)教育 マルチン・コペツキー, ミラン・ベネシュ
ポーランドの市民社会と市民教育 エヴァ・プシュビルスカ
リトアニアの成人教育 エレナ・ミツクナイテ, ゲヌテ・ゲドヴィレネ, ニヨレ・ブルクシャイティエネ
壁の窪みでの民主主義の学習 マルタ・フリーデンタル-ハーゼ
活動と活動的シティズンシップ ヴィダ・モホルチッチ・シュポラール
社会変革への市民の参加と市民教育 不破 和彦
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想