ベルクソンにおける知性的認識と実在性

永野拓也 著

[目次]

  • 序 ベルクソンにおける数理的モデルの形成と哲学的実在性
  • 第1章 数理的モデルとその形成主体(感覚の連続量
  • 数的対象の形成
  • 原因性と自由
  • 習慣と常住不変性)
  • 第2章 物質の傾向と数理的モデル(物質の周期的運動
  • 全体の伸縮と振動の凝縮
  • 習慣の獲得と数理的モデル
  • 物質の傾向と数理的モデル)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ベルクソンにおける知性的認識と実在性
著作者等 永野 拓也
書名ヨミ ベルクソン ニ オケル チセイテキ ニンシキ ト ジツザイセイ
書名別名 Berukuson ni okeru chiseiteki ninshiki to jitsuzaisei
出版元 北樹
刊行年月 2011.2
ページ数 234, 11p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7793-0270-1
NCID BB05273657
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21910926
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想